FC2ブログ

とっくり会

19回生・とっくり会の連絡とメンバーを主体としたブログです。 とっくり会HPの過去写真記録としてブログを活用します。

ヤマスミさんからの同級生情報

中央学術研究所「明日への提言」記事より抜粋掲載です。


与那国島海底遺跡と古代文化
大内 徹(神戸大学都市安全研究センター助教授)←旧4組

 琉球諸島与那国島の海底遺跡に関心が集まっている。マスコミにもしばしば取り上げられ、テレビでも特集が組まれたりしている。この海底遺跡に関しては様々な方面の興味をよび、その真偽をはじめ多くの議論をよんでいる。このような「超…」といった類の話は以前にもよくあったし、この話に対しても怪訝に思われている方も多いと思う。しかし、今回はだいぶ様子が異なるといって良い。またかではすまされないものがあるからである。また、もし古代遺跡だとすると海底に水没した状況から判断して1万年以上も前に高度な文明が存在したことになり、大変な問題を提起することになる。そこで本小論ではこの海底遺跡の実態とその提起する古代史的問題について考えてみたい。なお、海底遺跡の詳細に関しては最近の調査の進展を含めた総括的な書『与那国島海底遺跡』、(木村政明著、ザ・マサダ)が刊行されているので参照されたい。
 筆者は神戸大学理学部の原俊夫(物理学)と1997年10月にこの海底遺跡のダイブによる調査を行った。現場を直接見て実物を確認することがまず何よりも重要であると考えたからである。すでに多くの写真も公開されているが、海底下ということもあり、特定の都合のいいアングルからのみ、また適当に誇張ないし化粧されているのではないか等の懸念もあったからである。ダイブによる調査の結果は、結論からいうと、これまで公開されている海底写真やテレビ等で放送された映像に関しては特殊な誇張、修正等はなく、全くその通り受け取ってよいということである。現在筆者はこれが人工構造物、したがって遺跡であると考えている。しかし、同行の原は自然構造物説をとっており、慎重論もある。

スポンサーサイト



  1. 2006/10/28(土) 03:16:32|
  2. 同期生情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月19日続き

2006.10.19.3.jpg

徳田氏と入れ替わりに押田氏参加!再度上記写真(後ろから顔出しはアキチャンです。)
久し振りの藤カラオケステージマネージャーの活躍で「カラオケ」で盛り上がりました。

最初は11月のゴルフディフェンディングチャンピヨン中三川氏の異様な中国語モードで始まり、、、、
明後日に越智氏の令嬢の華燭の盛典が「浅草ビューホテル」発表!
盛り上がりのとっくり会でした。
  1. 2006/10/28(土) 03:05:34|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月19日前半

ゴルフ幹事の松村氏より、麗和会ゴルフの簡単な結果報告がありました。
残念ながら、チームは実力を発揮できませんでしたが、エース青木氏は頑張って見事にベスグロと個人優勝(新ペリア)でした。
おめでとうございました。
(チームの方々お疲れ様でした。)
写真は、藤・徳田・越智・松村・山本・神田・綿貫マスター・中三川・竹澤です。
徳田氏は仕事の最中に「ワサビ漬け」の差し入れをして、5分程で帰りました。
ご馳走様でした。2006.10.19.1

  1. 2006/10/22(日) 01:27:23|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

N.TAKEZAWA

Author:N.TAKEZAWA
19回生3年4組の竹澤が管理しています。
「とっくり会HP」の写真掲載ブログにしました。
過去の記事の一部は下記のリンクHPをご覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター