FC2ブログ

とっくり会

19回生・とっくり会の連絡とメンバーを主体としたブログです。 とっくり会HPの過去写真記録としてブログを活用します。

W杯サッカー!日本敗退、終戦

[W杯サッカー!日本敗退、終戦]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2014/06/26(木) 08:29:53|
  2. サッカー&スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月度とっくり会報告と7月度の連絡です。

まずは大事な7月度開催について,ご注意下さい!
P1090123.jpg
下記の様に、母校同窓会HPで7/19参加者募集中です。
2014/06/18new

「浦高百年の森づくり」参加者募集中!(「一女の森」地同時開催) 

  7月19日(土)は下刈りです 

    森はもうすぐ10年 きれいになりました。
    初夏の寄居の森でいい汗を流しましょう!!

  時間:10時現地集合、15時解散予定、
  持参物:弁当、飲物、雨具は各自持参。(昼食時にスイカ、トマトきゅうり、トン汁があります)
  服装:帽子、昆虫がいるので長袖(黒は避ける)、スニーカー。
  参加申込:ハガキ、FAX、Emailにて、10日前までに事務局へ。   urako-ob@u.email.ne.jp

  マイクロバス配車:浦高発7:30   寄居駅北口発9:30
  お申し込みは ①車などで現地集合  ②浦高からバス ③寄居からバスの種別をご記載ください。

P1090121.jpg
6/19は画像の様に、梅雨の中休みに15名+紅一点1名:ラグビー選手とマネージャー?!!!
久し振りのメンバー含めて、計16名と大勢が集まり、賑やかな「とっくり会」となりました。
W杯のコメント有り・・・・・
(残念ながら、本日6/20の対10名のギリシャは0-0のドロー><)
同級生の音信情報
デレット!も有ったカラオケ
etc

次回7/19(土)の変則開催日となる、とっくり会案内があって、散会しました。

0140619.jpg



  1. 2014/06/20(金) 09:26:10|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新刊発行のご案内

W杯サッカー、緒戦の対コートジボワール・・・・・・・><

さて、理研の「STAP細胞論文」巷の話題の一つ
これにも言及している、志村教授の新刊と話題の本、紹介します。
「一流」カバ-表[1]2

出版社:牧野出版
ISBN:978-4-89500-174-8
一流の研究者に求められる資質NEW
志村 史夫 (著)
税込価格:1,836円ポイント:発行年月:2014.6
「一流」と「二流以下」を分けるものとは何なのか?本物を見極め、本物になる為の全てがここにある。「STAP細胞問題」にも言及。【「TRC MARC」の商品解説】
〈志村史夫〉静岡理工科大学教授。ノースカロライナ州立大学併任教授。応用物理学会フェロー。日本文藝家協会会員。 1948年、東京・駒込生まれ。名古屋工業大学大学院修士課程修了(無機材料工学)。名古屋大学工学博士(応用物理)。日本電気中央研究所、モンサント・セントルイス研究所、ノースカロライナ州立大学を経て、現職。 日本とアメリカで長らく半導体結晶の研究に従事したが、現在は古代文明、自然哲学、基礎物理学、生物機能などに興味を拡げている。 半導体、物理学関係の専門書・参考書のほかに『古代日本の超技術(改訂新版)』『古代世界の超技術』『アインシュタイン丸かじり』『漱石と寅彦』『人間と科学・技術』『文系?理系?人生を豊かにするヒント』『寅さんに学ぶ日本人の「生き方」』『スマホ中毒症』などの一般向けの著書多数。

bookchokodai.gif
志村史夫著『古代日本の超技術 』(講談社,2001)860円

 著者はこう書いている。「古代人の生活において、画期的な発明は土器である。土器の発明によって、食物を煮て食べられるようになった。そのことによって、それまでは食べられなかったもの、とくに植物類が食料として利用できるようになった。土器が存在なましない段階では、食物の調理は、生か焼くか、焼け石を石のくぼみの水に入れて温度を上げて温める程度のものだけだった。しかし、土器の発明により、堅い食物を軟らかくする長時間の煮炊きが容易になっただけでなく、さまざまな味つけ、つまり"料理法〃を発達させ、人類の可食範囲が飛躍的に拡大した。その結果、人類が摂取する栄養の量も質も著しく向上したにちがいない。実は、この土器の発明は、人類が化学変化、すなわち科学を応用した最初の発明なのだ。そして、世界最古の土器は,いまのところ(新たな発見があるまでは)、長崎県泉福寺洞窟で発見された縄文土器(豆粒文土器)である。」

 五重の塔の耐震設計と超高層ビル、砂鉄から作った法隆寺の釘は千年もつという西岡棟梁の話、、奈良大仏鋳造の話などおどろくことばかりである。

 なお著者は1948年生まれ、現 静岡理工科大学教授、最先端のエレクトロニックスが専門だから驚きだ。偉大だった日本の祖先を再認識させる名著である。
257845-1.png
大型建機やコンピュータをしのぐ「すごい技術」!
ピラミッド、ローマの水道、パンテオン、マチュ・ピチュ……。
世界遺産の見方が変わる!
ベストセラー『古代日本の超技術』待望の姉妹編!

物理や化学、力学、数学を熟知していたかのような緻密な職人技!
最先端の結晶工学と驚くべき共通点をもっていた「ピラミッドの構造」。
ボイル・シャルルの法則を応用していた「古代ギリシャの自動扉」。
鉄筋コンクリートをはるかに上回る「ローマン・コンクリート」の強度。
最新の観測装置と0.0002日の誤差しかない、超精密な「マヤの天文学」。
カミソリの刃さえ通さない、「インカの石組み術」の驚異。
現代のハイテクを知り尽くす半導体研究者が、自ら体験・実験して読み解く「技術史ミステリー」第2弾!
  1. 2014/06/16(月) 01:27:10|
  2. 母校&卒業生情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とっくり会開催案内とW杯

今月のとっくり会は6月19日(木)19時~ヘンリー茶夢です!

W杯のTV中継でお疲れでしょうが参集下さい!
今夜は3時から4年前の結晶相手同士スペインvsオランダ
ファンにはたまりませんね

開幕戦のブラジルvsクロアチア
西村主審は手を使うプレイはサッカーでは反則と改めて明確にしましたね!^^

  1. 2014/06/13(金) 21:14:49|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月のとっくり会と「国立競技場」

6月は19日(木)19時~ヘンリー茶夢です。
宜しくご参集下さい。

我々が中学を卒業して高校入学の1964年・・・今から50年前
東京でオリンピックが開催され、国立競技場が改修されて今日まで色々の
スポーツ行事に使われて来ましたが、本年取り壊されて新国立競技場になるとの事です。
572px-Jingu_gaien_air.jpg
history_6.jpg
history_7.jpg
220px-1964_Cauldron.jpg
stadium_facility1.jpg
facility_stadium13.jpg
kairou.jpg
220px-Japan_national_stadium02.jpg
stadium_facility2.jpg
stadium_facility6.jpg
ネット検索からダウンロードして思い出として掲載しました。
正式名:国立霞ヶ丘陸上競技場
    "国立"
所在地 東京都新宿区霞ヶ丘町10番2号
位置 北緯35度40分41秒東経139度42分53秒
開場 1958年3月
閉場 2014年5月31日予定
所有者 日本スポーツ振興センター
グラウンド 天然芝 (107 x 71 m)
ピッチサイズ 105 x 68 m
設計者 片山光生
  1. 2014/06/03(火) 12:49:26|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

N.TAKEZAWA

Author:N.TAKEZAWA
19回生3年4組の竹澤が管理しています。
「とっくり会HP」の写真掲載ブログにしました。
過去の記事の一部は下記のリンクHPをご覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター