FC2ブログ

とっくり会

19回生・とっくり会の連絡とメンバーを主体としたブログです。 とっくり会HPの過去写真記録としてブログを活用します。

百年の森、記念植樹栗の木現況報告

第61号の同窓会報『麗和』の10頁掲載の栗の木の現況です。

P1010468浦高森
P1010472浦高森
P1010471浦高森

鹿対策の成果で順調との生育情報がK君よりありました。

昨年3月の植樹
IMG_1768.jpg

今年3月の鹿防護柵作成時状態


5.jpg

スポンサーサイト



  1. 2018/04/28(土) 05:56:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第224回掲載(続き掲載しました)

IMG_0969.jpg

五時半前から集まり始めて、、
19名+3名の賑わいとっくり会でした。


IMG_0965.jpg
IMG_0966.jpg
IMG_0964.jpg

いつもの日本酒とワインに加えて、『七賢』 『濁り獺祭』の差し入れに盛り上がり~
カラオケタイム(追加画像は次頁です)近々公開します。

来月5月も19日土曜日開催です。

DSC_2211.jpg



続きを読むをクリックして下さい(続きは来月5月で削除します)

[第224回掲載(続き掲載しました)]の続きを読む
  1. 2018/04/20(金) 18:28:05|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のとっくり会(第224回)

4月19日(木)
18時~21時
先月と同じ場所です。
  1. 2018/04/16(月) 08:28:19|
  2. とっくり会月例会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メンバーの著書紹介です。

グラフィックス1

【理系のための「実戦英語力」習得法――もくじ】

プロローグ――物理学者が「英語」の本を書く理由
理系英語=「歴史に遺る研究」を世界にアピールする道具/英語なくして、研究の道はひらけない/「学校英語」を「実戦英語」に変える――理系英語をモノにする法……ほか

第1章 日本人と英語――上達するために知っておくべき「日本人ならでは」の長所と短所
科学者・技術者にとっての英語とは?/ノーベル賞を逃した日本語論文/理系英語に「謙譲」は不要/有機物を扱う医学や生物ジャンルで注意すべきこと/英和辞典は捨てなさい/飛躍的に英語力がつく方法……ほか

第2章 理系英語とはどのようなものか――特徴を知れば、上達も速くなる!
語彙はどのくらい必要か?/語彙力強化法/「和英辞典」活用法/文系英語よりずっとかんたんな理系英語/「読解力」強化法/「書く力」をどう強化するか/ファインマンに学ぶ英語……ほか

第3章 「理系英語の文法」を攻略する――English nativeの感覚を体得せよ
理系英語にとって「決定的に重要」な文法/理系英語の“命”は冠詞/「可算」「不可算」を分けるロジック/冠詞は「限定詞」である/theの用法に習熟する――それは“ただ一つ”に決まるか/「そこに山があるからだ」の山は、theかaか/「理系英語」ならではの分詞構文/主語が一人でも“we”とすべし/文法的には正しいのに、English nativeが「不自然」と感じる否定/「強い否定」と「弱い否定」……ほか

著者について
1948年、東京・駒込生まれ。工学博士(名古屋大学・応用物理)。日本電気中央研究所、モンサント・セントルイス研究所、ノースカロライナ州立大学教授(Tenure:終身在職権付)、静岡理工科大学教授を経て、静岡理工科大学名誉教授。応用物理学会フェロー、日本文藝家協会会員。日本とアメリカで長らく半導体結晶などの研究に従事し、この間、英語による論文・書籍を多数執筆。Journal of Applied PhysicsやJournal of Electrochemical Societyなどの学術誌で査読者を務めるなど、理系英語に精通する。現在は古代文明、自然哲学、基礎物理学、生物機能などに興味を拡げている。物理学、半導体関係の専門書、教科書のほかに『古代日本の超技術』『古代世界の超技術』『人間と科学・技術』『アインシュタイン丸かじり』『漱石と寅彦』『「ハイテク」な歴史建築』『日本人の誇り「武士道」の教え』などの一般向け著書も多数ある。
  1. 2018/04/14(土) 04:32:52|
  2. 母校&卒業生情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

N.TAKEZAWA

Author:N.TAKEZAWA
19回生3年4組の竹澤が管理しています。
「とっくり会HP」の写真掲載ブログにしました。
過去の記事の一部は下記のリンクHPをご覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター